topimage

2017-04


  予定ルート(ダラリ)  ⇒今ここだよ!

 日本⇒ミクロネシア(JEEP島&YAP島) ⇒オーストラリア(ケアンズ)⇒ニュージーランド⇒クック諸島(ラロトンガ&アイツタキ)⇒アメリカ(LA)⇒メキシコ(ラパス)⇒アメリカ(N.Y→ここからアメリカ横断ツアーでLAへ!5262mile)⇒再びメキシコ⇒コスタリカ⇒ペルー⇒ボリビア⇒チリ(アタカマ砂漠)⇒再びボリビア(オルーロのカーニバル)⇒アルゼンチン⇒ドイツ(フランクフルト)⇒モロッコ⇒スペイン⇒ポルトガル⇒アイルランド⇒再びポルトガル(巡礼開始!目指せサンティアゴ!)⇒イタリア⇒スイス⇒ドイツ⇒ベルギー⇒ハンガリー⇒ポーランド⇒オーストリア⇒フランス⇒ルーマニア⇒再びハンガリー(ブダペストにて一時旅中断)⇒トルコ⇒スリランカ⇒マレーシア⇒ミャンマー⇒タイ⇒インドネシア(バリ島)⇒日本!2014年2月2日帰国!


大きな地図で見る


スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな世界遺産の街へ - 2013.11.23 Sat


大きいバックパックをイスタンブールの宿に預けて
少ない荷物でトルコを周ることにしました。


やっぱり荷物は少ないに限る!!


宿の近くの旅行会社でバスチケットを購入。

イスタンブール⇒サフランボル 45TL(2230円)

イスタンブールのオトガルで直接買ってもおそらく40TLだったので
5TLくらいの差額だったらいいかなと思って
そこらへんの旅行会社で予約しました。

しかもオフィスの前からオトガルまで無料で送迎してくれる!!

トルコ便利だな~と強く思った!

本当に来てくれるのかなぁと半信半疑だったけど
ちゃんとオフィスの前まで迎えに来てくれました!!


23:30発の夜行バスに乗り出発!!


トルコのバスは快適!とよく聞いていたけれど
水やお茶やお菓子のサービスまでついてて本当に快適だった!
バスによってはWifiとんでるし
ipodとか充電できるのもあって


トルコ便利だな~とさらに強く思った!


早朝の5:00すぎ、バスはサフランボルのオトガルに到着。
そこから無料のシャトルバスでクランキョイという中心地まで送ってくれます。
バスのオフィスの人が今日泊まる宿に電話してくれて
7:00にオフィスまで迎えに来てくれることになりました。


時間までは道路を挟んだところにあるカフェ?みたいなのが早朝から開いてたので
そこで朝ご飯とチャイをいただく。


到着が早朝だったせいか




めっちゃめちゃ寒かった!!!



これ以上寒くなったら私死ぬかもしれないですと本気で思った。
あったかいチャイが身に沁みます。


PB160487.jpg



7:00ごろ予約しといた宿の方が車で迎えに来てくれました!


そして到着したのがこちら


世界文化遺産の街 サフランボル!

PB190644.jpg


サフランボルの宿
【EFE GUEST HOUSE】シングル54TL ドミの場合20TL



PB180584.jpg


PB180576.jpg


PB190642.jpg
朝食つきです!
お皿に置いてある細いパンはスィミット(simit)というごまが周りにたっぷりついたパンで
屋台で売ってるのをよく見かけます。


やっぱり朝食つきっていいね♡


快適なバスでも夜行で疲れてたので
チェックインしてそのまま爆睡・・・


昼過ぎくらいに散歩に出かけました。


サフランボルにいた3日間、ずっと天気がよくて気持ちよかったです♪


PB180588.jpg


PB180587.jpg


トルコって本当にネコが多い!!


イスタンブールでもたくさん見かけたけど、街ネコ?って言って
街の人たちがエサあげてるんだとか。

ネコ好きにはたまらないかもしれないなぁ。


PB180591.jpg


サフランボルの旧市街は世界遺産に認定されています。
古い時代のお墓や建築物が今でも現存しているそうです。


まぁ、詳しいことはよくわからないけど


サフランボルは小さくて静かでのんびりするにはいい街だよ~と
色んな人から聞いていたのでやってきたのです!


【サフランボル】という名前は香料のサフランが採れることからきてるそうな。

そう!あのサフランライスのサフラン!

images.jpg


でもレストランにサフラン料理はありませんでした!
サフラン使ったものってお茶くらいしか見なかったかもー。


01111518_4d2bf625be96e.jpg


このお花の雌しべを陰干しして香料のサフランになるそう。
採れる量が少ないし、収穫は手作業。
サフランて高いもんね!!貴重なんですね!!


PB180600.jpg

PB180599.jpg


街は石畳で小さくてこじんまりしてる。
聞いていた通り静かな街でした。


PB190645.jpg
街の郵便局。トルコではPTTが郵便局のこと。


PB190648.jpg


PB180631.jpg


おみやげ通りにいるおじさま。
この方、歩き方や日本の書籍に載ってるおじさまで
『これ、俺やで!』と言って見せてくれました!

ここのものはすべておじさまの手作りらしい。
フエルト生地のスリッパがかわいくてねぇ・・・
欲しいなぁって思ったけど、荷物がねぇ・・・

あ~、でもやっぱり買えばよかったなぁ!
物との出会いも一期一会ですからね!


PB180633.jpg
チャイごちそうさまでした!!


これだけ小さい街だと地図とかなくてもぷらぷらできるのが嬉しい♪

適当に歩いて坂道を上って丘を目指してみました。


PB180609.jpg


旧市街が一望できます!!

そして立派なモスクが目立ちますね。
ここから毎日イスラムのアザーンが鳴り響くわけですが
この山に囲まれた土地柄??
本当によく響きます!!


PB190652.jpg


この丘へはなんとなく毎日来てました。
夕日の時間だったり、日が沈んで明かりがついていくのを眺めてました。


PB180636.jpg


どんな小さい街にもモスクがあるんだろうなぁ。


PB180616.jpg
Safranbolu



サフランボルは本当に小さくてこじんまりしてて
とても静かでのんびりした街でした。

特に何があるってわけでもないけれど

イスタンブールのガヤガヤに疲れたら
ちらっと来てみるのもいいと思います。

私は宿のWifiがサクサクでさらにシングルだったのをいいことに
毎日夜中までネットやりたい放題やってしまいましたが・・・

絶対宿はドミの方が健康的な生活になる気がする!
と確信しました。


朝はまた好き放題寝てたら、朝食の時間を逃すという・・・

これはいかん!!


ダメ人間になる前に、次の街に移動します!!



イスタンブールに到着! - 2013.11.20 Wed

久々の旅行開始!


トルコ・イスタンブール!!

PB170557.jpg


やっとのことヨーロッパを脱出!!
物価の高いヨーロッパは長居しない人の方が多いと思いますが
私はがっつり楽しみました。


楽しかったし、やっぱり美味しかった♡
その分、お金も吹っ飛びましたが・・・


しかし!まだまだ行けてないところたくさん!!
今回は諦めた北欧とか、なぜか行かなかった東欧とか!!
またゆっくり周りに来よう(^^)


ヨーロッパとアジアの狭間の国、トルコ。


『アジアから来た人はトルコにヨーロッパを感じ
ヨーロッパから来た人はトルコにアジアを感じる』そうな。


私は後者の方だけど確かに、町を歩く人の顔つきだったり
雰囲気だったり・・アジアに来た!ってほどではないけど
『あ~、ヨーロッパから出たんだなぁ』と思いました。


イスタンブールの宿
【Agora Guesthouse】10人mixドミ 一泊35TL(1740円くらい)



PB130346.jpg


PB130345.jpg
部屋が広いので10人でも全然圧迫感なし!!

PB150424.jpg
朝食も含まれてます!いつも朝からめっちゃ食べてた。


日本人もよく泊まるホステル。
できてから5年くらいだそうでとてもキレイです!
地下の部屋でもWifiつながります。
シャワーのクオリティも高くて嬉しかったなぁ!!


PB170536.jpg


イスタンブールに来て3日間、ずーっと曇ってどよんとした天気だったけど
4日目にしてやっと晴天
宿のテラスも気持ちいい!風は冷たいけど!


PB170535.jpg


PB170534.jpg
テラスからブルーモスクが見える



宿からブルーモスクが近いのでさっそく行ってみよう!



PB170542.jpg

PB130350.jpg


こちらの入場料は無料!!
しかし、お祈りの時間は入れないようなので注意。


PB130366.jpg


そして入口にはこのような格好で入りなさいという看板が。
半ズボンやミニスカート、肌の露出はNG。
女性は髪の毛を見せてもいけません。
ストールとか持ってない人には入口で布を貸してもらえます。


PB130353.jpg

PB130365.jpg

PB130354.jpg
外観も、内装も美しいですね~


PB130390.jpg
Sultanahmet Camii



PB170541.jpg


ブルーモスクの向かいにはアヤソフィアが建ってます。
(入ってないけど)

この界隈には日本語をちらっと話せるトルコ人がうようよいます。
本当によく話しかけられる。笑
たまに本当に日本語ペラペラな人もいる。
まぁ、とにかく日本人の彼女がほしいらしい。笑


PB140403.jpg
Kapalıçarşı


トルコ語でカパルチャルシュ(屋根つき市場)
英名グランドバザール!!

建築物にあまり興味がないのでトルコ雑貨を求めぷらぷら。
しかしグランドバザールの商品にはここの場所代が上乗せしてあるらしい。
なのでほぼ見るだけ!


PB140408.jpg

PB140402.jpg


ランプとかかわいいんだけどね~こんなん持って帰れないしなぁ。
そもそも、こんなかわいいランプが映えるような部屋じゃないな、自分。
ってことに気づいた。
よかった、気づいて。


PB140404.jpg


トルコといえばトルコ石!
トルコ石って名前だけど、トルコ産というわけではないらしい。
トルコを経由してヨーロッパに広がったからそう呼ばれてるとかいないとか。

とはいえ、トルコ石を使った色んなアクセサリーをたくさん目にする。
見てると欲しくなっちゃう・・・
だってほら、アクセサリーって荷物にならないじゃないですかぁ!
(ネックレス30TLで購入)



もうひとつの市場がエジプシャンバザール!!


PB140416.jpg



こっちはスパイスやお菓子なんかがよく売られてる。
あとはトルコとか関係ない普通の服。


PB140415.jpg


PB140417.jpg
トルコのお菓子 ロクム(lokum)

水と砂糖を火にかけて溶かしたとこにでんぷんを入れて冷やして固めたお菓子。
中にはナッツが入ってて周りにココナッツがまぶしてあったりする。
私はけっこう好きです。


PB140414.jpg


エジプシャンバザールをぷらぷらしてたらこれをタダで配っててもらえた。
よくわからなかったけど、一つ言えることは
あんまり美味しくなかったということです。



グランドバザールとエジプシャンバザールの間には問屋街が広がっています。
スカーフのお店とかたくさんあってグランドバザールよりもおそらく安いと思われる。


PB140413.jpg


トルコのスカーフには生地の周りにオヤと呼ばれる刺繍が施されているのがあって

これがとてもかわいい!

スカーフとかの巻物って色んな国で売ってるのを見かけるけど
こういうのは今まで見なかったなぁ!
トルコに来るまで知らなかったけどハンガリーと同様、
トルコも刺繍が有名だそうです。

オヤは女性の手仕事だそうで、本当に細かくてキレイで
オヤつきのスカーフを見つけるたびに手にとるようになりました。
一枚一枚表情が違うのでお気に入りを見つけるのは大変だ!!
でもまたそれが楽しい♪


予想はしてましたがトルコ雑貨楽しいです♪



これはひょっとして


モロッコ、イタリアぶりに


また荷物を送ることになるんだろうか。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
2012年10月14日 日本を出発。

海に潜ったり
山に登ったり
美味しいもの食べまくりながら
日本に帰ります。

2014年1月頃帰国予定。
残りわずかです。

カテゴリ

・準備あれこれ (6)
出発までの壁・・・ (3)
夏休み中に… (1)
感謝!!! (1)
何が必要なの!? (1)
・行ってみよう!やってみよう! (136)
グアムからのjeep島!! (5)
グアムからのYAP島!! (2)
グアム入国の洗礼! (1)
ケアンズの一週間! (4)
たった二日のオークランド!! (2)
どんなところや!ラロトンガ! (6)
サボテンと海と私とラパス (8)
寒すぎるぞ!ニューヨーク! (2)
悩んで悩んで横断ツアー!! (7)
クリスマスと新年はメキシコで! (12)
自然と遊べ!!コスタリカ! (5)
南米の入口ペルー!! (2)
絶景を求めてボリビア! (3)
弾丸!チリへの旅! (2)
やってきました!パタゴニア!! (5)
南米ラスト!アルゼンチン! (2)
ヨーロッパの入口、ドイツ! (1)
雑貨と砂漠を求めてモロッコ! (9)
スペイン、タパス祭り! (12)
最西端!ポルトガル! (2)
アイルランドに行ってみた! (1)
ポルトガルの道! (2)
イタリア食い倒れ!! (8)
美しすぎるぞ!!スイス!! (4)
再びのドイツはミュンヘンへ! (1)
ブリュッセルは小僧がいっぱい! (1)
見ておくべきポーランド (2)
ウィーンで音楽を♪ (2)
あきらめられなかったフランス! (5)
ドナウ川の最後はルーマニア! (3)
ハンガリー生活 (5)
久々の旅行開始!トルコ! (7)
大好きになったスリランカ! (3)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。