topimage

2017-04


  予定ルート(ダラリ)  ⇒今ここだよ!

 日本⇒ミクロネシア(JEEP島&YAP島) ⇒オーストラリア(ケアンズ)⇒ニュージーランド⇒クック諸島(ラロトンガ&アイツタキ)⇒アメリカ(LA)⇒メキシコ(ラパス)⇒アメリカ(N.Y→ここからアメリカ横断ツアーでLAへ!5262mile)⇒再びメキシコ⇒コスタリカ⇒ペルー⇒ボリビア⇒チリ(アタカマ砂漠)⇒再びボリビア(オルーロのカーニバル)⇒アルゼンチン⇒ドイツ(フランクフルト)⇒モロッコ⇒スペイン⇒ポルトガル⇒アイルランド⇒再びポルトガル(巡礼開始!目指せサンティアゴ!)⇒イタリア⇒スイス⇒ドイツ⇒ベルギー⇒ハンガリー⇒ポーランド⇒オーストリア⇒フランス⇒ルーマニア⇒再びハンガリー(ブダペストにて一時旅中断)⇒トルコ⇒スリランカ⇒マレーシア⇒ミャンマー⇒タイ⇒インドネシア(バリ島)⇒日本!2014年2月2日帰国!


大きな地図で見る


スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これがグナワや!! - 2013.03.22 Fri

モロッコの中でもエッサウィラが本場のモロッコ音楽がある








それがグナワ。









私がグナワをちゃんと知ったのはエッサウィラに着いてからだった。


エッサウィラではグナワフェスティバルという
音楽のフェスティバルが毎年6月に行われています。





残念ながら今回はそのフェスティバルには行けなかったけど





このグナワという音楽、めちゃめちゃ興味深い!!!




なんせレッド・ツェッペリンやジミ・ヘンドリクスなど
多くのミュージシャンたちがこのグナワに大きな影響を受けたそうではないか!!




グナワに使う楽器はたったの二つ




P3125738.jpg

これがゲンブリという三弦の楽器
音も弾き方もベースに似てるなって思った。


P3125733.jpg

そしてもうひとつがこれ!
鉄製のカスタネットのようなカルカベというもの!!



この二つと叫ぶような歌声でグナワの音楽は作られる。



そして、グナワの音楽は魂の音楽!
聴いたものは自然のトランス状態に陥るという!!





自然のトランス状態とは一体・・・?!




とにかくそんな気になるグナワミュージックを
エッサウィラにいるうちに聞きたいなと思っていました。






そんなエッサウィラ最後の日の夜





宿の近くで近所の人たちが集まってグナワをやるというではないか!!



これは行くしかない!!



ちなみに写真はNGだったので一枚もありません

すごく撮りたかったけど、むしろ映像で残しておきたかったけど!!

それくらい衝撃的な体験でした!



文章だけであの衝撃を伝えられる自信がありませんが、
もし気になった人はぜひエッサウィラへ!



ゲンブリ奏者は一人、それに対しカルカベは5人くらいいた。

その周りにはたくさんの地元の人たちが取り囲んで見てました。

右側が女性、左側が男性と、男女で見る場所が分かれていました。

観光客はほとんどいませんでした。

ローカルな雰囲気がぷんぷん!




演奏が始まる。




ゲンブリのベースのようなメロディに、カルカベの軽快なリズムがのっかる。

それに歌がのっかる。

メロディやリズムは曲の間あまり変わらないように見えた。

ただノッテくると、歌にも力が入り、曲が早くなる!!



一緒に歌うでもなく、静かに見ている地元の人たち。

夜になるにつれ、人が増えてきていた。



私たちも静かに見ていた。ゲンブリもカルカベの演奏も見ごたえありました!





普通に見ていたその時・・・




後ろからすごい勢いで割り込んできた人がいた。

女性だった。


『えっ!?何??』

って思って見ると、



彼女はそのまま演奏者の目の前まで突っ込んでいき、


突然!そのまま頭を振り乱して踊り始めた!!







!!!???






さっきまで普通に見ていた普通の女性。





それはあきらかに何かのスイッチが入った瞬間だった







これが自然のトランスってやつか!!??







あきらかにただ音楽にノッてるのとは違う。


違う世界にイってしまっているのだ。


トランス状態に入った人には頭に黒や緑の布がかぶせられ、表情は見えなくなる。


そうなってもなお、彼女の踊りは激しかった!


トランス状態に入った人のために、ちゃんとその人たちをお世話する人もいて、


布をかぶせたり、お香をかがせたり、花の香りのする水をふりかけたりしてた。





そして気づくと、一人、また一人とスイッチの入った人が演奏者の前へ。


たまに観客の人ごみの中でトランスになっちゃう人もいて、
周りの人に演奏者の前まで連れて行かれてました。


みんなそれぞれに思うがままに踊り狂ってました。


そして、曲が終わるとみんなその場に倒れて、動かなくなります。

顔は布がまかれていて表情はわからないけど、やばそうだ。


ほとんど動かなくなった彼女たちですが、また曲が始まると勝手に体が動き出す!


もう何かに憑りつかれてるようだ!!




その一連の光景にもう釘づけ!!



日によってトランス状態に陥る人の人数は違って、
この日は10人くらいの人が違う次元にイッてました。





お酒の力でもなく


薬の力でもない





音楽だけの力で人ってここまでなるのか!!



ついさっきまで普通におしゃべりしてたきれいなお姉さんなんかも

静かに見てたおとなしそうな女性も



何かの瞬間に人が変わったようでした。



気づいたのは、トランスに入ったうちのほとんどが女性だったということ。



イスラムの女性は顔や肌をいつも布で覆って隠してる。

色んな縛りの中で日々暮らしているんだろうな。

だからこのグナワという音楽で自分を解き放ってるような気がした。

男性よりも女性の方がトランスになっていたのも、そういう理由があるのかもしれない。




グナワについて少し調べてみると

グナワの演奏は主に悪霊にとり憑かれた人の治療のために行われていたらしい。



どうしてあんなに急にスイッチが入るのかと不思議だったんだけど、

悪霊にはそれぞれ固有のリズムがあり、
グナワが打ち鳴らすリズムが悪霊の固有のリズムに調和した瞬間

人々はトランス状態に陥るそうです。


そこから悪霊との対面と、和解が始まるそう。





なんかすごい世界だ・・・



見てはいけないものを
見てしまったような感覚・・・






つまりトランス状態になるには悪霊にとり憑かれていて、
なおかつその悪霊のリズムとグナワのリズムがぴったりならないといけないらしい。




残念ながら?

私も、一緒に行った日本人の方たちもトランス状態になることはなかった。

ただただ、目の前の光景を見ていた。





いやぁ~~~、貴重な体験ができました!!




たとえトランスに陥らなくても!!

グナワの音楽は幻想的で、かっこいい!!




CD買っちゃったもん!笑

また割れ物買っちゃったよ・・・




マラケシュのフナ広場でもグナワっぽいのやってたけど




生ぬるいような気がした!


あれにチップは払えません!!笑





やっぱりエッサウィラの演奏はすごかった!!


カルカベのリズムとかハンパじゃない!!


よく腱鞘炎にならないなぁと思って見てた。





この私の文章で一体どこまでグナワを伝えられたか分かりませんが、


エッサウィラに行った際はぜひ聴いてみて下さい!!


特に、最近なんか調子悪いわ~~と思っている人



自然のトランスを経験できるかもしれません!







グナワに興味が出た方は、こちらをワンクリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://b3g3.blog.fc2.com/tb.php/81-411cc15c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アトラス山脈を越えて «  | BLOG TOP |  » MOROCCO料理教室

プロフィール

あゆみ

Author:あゆみ
2012年10月14日 日本を出発。

海に潜ったり
山に登ったり
美味しいもの食べまくりながら
日本に帰ります。

2014年1月頃帰国予定。
残りわずかです。

カテゴリ

・準備あれこれ (6)
出発までの壁・・・ (3)
夏休み中に… (1)
感謝!!! (1)
何が必要なの!? (1)
・行ってみよう!やってみよう! (136)
グアムからのjeep島!! (5)
グアムからのYAP島!! (2)
グアム入国の洗礼! (1)
ケアンズの一週間! (4)
たった二日のオークランド!! (2)
どんなところや!ラロトンガ! (6)
サボテンと海と私とラパス (8)
寒すぎるぞ!ニューヨーク! (2)
悩んで悩んで横断ツアー!! (7)
クリスマスと新年はメキシコで! (12)
自然と遊べ!!コスタリカ! (5)
南米の入口ペルー!! (2)
絶景を求めてボリビア! (3)
弾丸!チリへの旅! (2)
やってきました!パタゴニア!! (5)
南米ラスト!アルゼンチン! (2)
ヨーロッパの入口、ドイツ! (1)
雑貨と砂漠を求めてモロッコ! (9)
スペイン、タパス祭り! (12)
最西端!ポルトガル! (2)
アイルランドに行ってみた! (1)
ポルトガルの道! (2)
イタリア食い倒れ!! (8)
美しすぎるぞ!!スイス!! (4)
再びのドイツはミュンヘンへ! (1)
ブリュッセルは小僧がいっぱい! (1)
見ておくべきポーランド (2)
ウィーンで音楽を♪ (2)
あきらめられなかったフランス! (5)
ドナウ川の最後はルーマニア! (3)
ハンガリー生活 (5)
久々の旅行開始!トルコ! (7)
大好きになったスリランカ! (3)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。